歌舞伎町の女王vs【偽善の帝王】上昌広【⑧また嘘ばっかり言ってるよ;週刊現代12/3号ニボルマブ問題】

みなさま,こんばんわ.
今日は,今秋発売の週刊現代12/3日号に掲載された上昌広×川口恭(元朝日新聞記者・ロハスメディカル発行人)の
医療界のタブーを破る連続追及第21弾 薬の値段がおかしい からこの方々のノーエビデンスぶりを見ていきましょう(笑)

嘘はハイライトしてあります.

P183最下段からP184最上段です.

川口:実は,今回のオプジーボに関しては,本当は特例を使わなくとも,もっと早くに値下げすることができました.今年の2月の段階で悪性黒色腫に対する使用量が2.25倍に増えたんです.使用量が増えると薬価を再計算するというルールがあります.そのルールに当てはめると55.6%引き下げることが可能でした.にもかかわらずなぜこの段階まで引き伸ばし,特別ルールで薬価を引き下げたのか,全く理解できません.
上:それは,彼らがなんとかして自分たちの利益を守りたかったからでしょう.しかし,世論の反発が大きくなったから,慌てて引き下げたのです.

 

ここからは洋美ちゃんの文章です.
平成26年7月に悪性黒色腫で薬事承認をとったオプジーボは3週に1回2mg/Kgという容量でした.
肺癌に適応拡大されたのが平成27年12月.3mg/Kgが2週間に一度.
確かにこの時点で肺がんと悪性黒色腫を比べたら容量が増加しているということになります.

http://www.mhlw.go.jp/file/05-Shingikai-12404000-Hokenkyoku-Iryouka/0000138871.pdf

これを見ていただいたら分かる通りですが.

従来の再算定における算定方式
①市場拡大再算定:年間販売額が予想販売額に比べ市場が大幅に拡大した場合等に適応するもの.
②用法容量変化再算定:主たる効能・効果に係る用法・容量に変更があった場合に適応するもの.
③効能変化再算定:主たる効能・効果の変更がなされた医薬品であって,変更後の主たる効能・効果に係る類似薬がある場合に適応するもの.

こうなっています.

その時点で用法容量がかわったということで適応するルールがあるかということについては
用法容量変化再算定:主たる効能・効果に変更がないので適応できない
効能変化再算定:類似薬の価格に近づくように薬価を再算定するというルールなので,類似薬がないオブジーボについては適応できない.

であるから,現行ルールでは市場拡大再算定といって,年間販売額が予想販売額に比べ市場が大幅に拡大した場合等に適応する特例を当てはめるしかなかったということです.

問題は,こういうネットに載っていることを調べもせずに,あたかも本当のように述べて,影響力の大きい週刊誌がそれを取り上げる.

わたしのようにいちいち本当のことはどうなのよ?根拠あるの?と調べて,この話を嘘だと見破る人は少ないですよね.
書かれてあることに関しては,本当のことだ,根拠があると信じる.

それにしてもわからないのは,上昌広は,どうしてこんな簡単に見破られる嘘を平然とつけるのか?

問題は,週刊現代がどうしてこういう根拠もないことを述べる人たちのいうことをそのまま掲載するかということです.

困ったことだと思いますが.....

ちなみに,わたしにはどうしてこの人たちがこんな嘘ばっかりつくのか全く理解ができません(>_<)

ニボルマブ(オブジーボ)問題については,われわれとしても取り組まなければならない問題がいろいろあり,
現在,取り組んでおります.

いったい何をしているのか,時期が来たらここで皆様にお伝えできると思いますのでしばしお待ちくださいませ.

 

 

5 thoughts on “歌舞伎町の女王vs【偽善の帝王】上昌広【⑧また嘘ばっかり言ってるよ;週刊現代12/3号ニボルマブ問題】

  1. 上昌広氏の記事を楽しみにしている者です。上氏は御用メディア「JBpress」に新しい記事を配信させたようです。いつもにように仲間に活動させ、「素晴らしい」と持ち上げる「自作自演」的な記事です。

    ーーーーーーーーーーーーーー
    日本一のブラック企業「病院」、人材が海外流出
    http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/48469?page=3

    働くなら、医師が少なく、かつ物価が安い地域がいい。私が注目するのは、福島県や宮城県など東北地方の太平洋側だ。(略)このような病院は、診療を通じて得た収益を、将来投資に充てている。ダヴィンチなど先進機器を積極的に導入し、人材にも投資する。

    仙台厚生病院は天野篤・順天堂大学教授を非常勤で雇用し、手術を指導してもらっている。ときわ会常磐病院は、論文不正の責任を取って東京大学分子細胞生物学研究所の教授を辞職した加藤茂明氏の基礎研究室を開設し、若手医師の論文指導を担当してもらっている。このような病院では実績が上がりやすい。
    ーーーーーーーーーーーーーー

    フライデーにやくざとの関わりを暴露され、若手にどん引きされている天野教授を出してきたのもどうかと思いますが、今回気になったのは「ダヴィンチ」。上氏を裏で支えているといわれる、元外科医の先生某は「ダヴィンチ」関連でかなりのお金を手にしていると噂されていましたね。

    ここ数年彼らが星槎グループと密接に活動しているのも、アジアが儲かりそうだからという感じですね。どんどんブラックになっているのは上氏のほうだと思います。上氏はお金になりそうな問題にしか噛みつきませんからね。

    上氏がニボルマブ問題に噛みつくのは、どんな背景があるのでしょうか。詳しく知りたいです。続報を楽しみにしています。

    1. ご声援ありがとうございます.
      多忙につきなかなか更新できないのですが.
      楽しみにしてくださってる方が多いので,また順番に書いていきますね(^_^ゞ

  2. もう1つ、気になっていることがあります。ズバリ書いてもいいでしょうか?

    上氏の対談相手の川口恭氏は、国がんの研究費不正で実際に家電を使っていたといわれる、愛人吉野ゆりえ氏を講師にし「いのちの授業」という出前授業を都内の公立中学で行っていました。

    この川口氏は最近新しい会社を設立しています。「株式会社ロハスメディカルコミュニケーションズ」です。
    http://lohasmedical.jp/company/

    住所は東京都千代田区富士見1丁目12-1。同じビルに株式会社テンプリントがあります。テンプリントの公式サイトをチェックすると、ロハスだけでなくがん治療についても書かれています。

    http://www.tenprint.co.jp

    さらに調べると、ここにはNPO法人パンキャンジャパン事務所も。
    (テンプリントのサイトにバナーがあります)
    http://www.pancan.jp

    パンキャンジャパンは本部がアメリカにあり、患者会といってもロビー活動団体のようですね。 やはり川口氏がこのビルに入居したのは理由があるようです。

    このように、気になることがいろいろあって上氏の動きに興味を持っています。仲田先生のおっしゃる通り、上氏は偽善者だと思います。お金が絡むから動いているのでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です