【歌舞伎町の女王】仲田洋美vs【偽善の帝王】上昌広⑩ 反論

今日はこの記事に反論しましょう.
わたしの反論はマゼンダで表示いたします.

**********

http://gendai.ismedia.jp/articles/-/40119
医学会には薬の宣伝をする「御用学者」がいる—上昌広『医療詐欺』第1章より

上 昌広『医療詐欺 「先端医療」と「新薬」は、まず疑うのが正しい』(講談社)第1章「先端医療と新薬を支配する「医療ムラ」は癒着と利権の巣窟」より

前回はこちら

不都合な真実② 医学会には薬の宣伝をする「御用学者」がいる
不都合な事実は隠しているのがあなたでしょ?あなた,いろんな人たちに噛みついて,御用学者だとかなんだとか言っていますが,ご自分は芝の高層タワーマンションにお住まいで,しかも,同じマンション内で住み替えているのですが,原発関係の東電関係企業である双日の代表取締役の濱亨さんが,あなたの引っ越す前のお部屋を買い取っていますよね.そしていい部屋にお引越し?
一体いくらで買い取ってもらったのかなあ?
あなたあんまりいろいろ汚いことするので,たまりかねた人たちが前から洋美ちゃんのところにいろんな話を持ち込んでたのね.
なので,わたし,意外なことにあなたのマンションの登記簿持ってるわ.

そもそも,大体,あなたは東北の震災関係の発言が多いですが,そんな仕事をしながら,最も震災と関係ある原発関係企業からお金もらってるとみなされかねないこういう取引をするということ自体がアウトだということがなぜわからないの???やーねえ....
だから洋美ちゃんは,あなたが頭悪いのかいいのかさっぱりわからないわけです.ま.東大でも洋美ちゃんに馬鹿野郎!!と言われている男は意外にいるので.
ねえねえ.もしかしてあなた,ドM?洋美ちゃんはSMクラブなんてところに行ったことないけど,修行しなくてもこの天然女王様キャラですぐにでもドSの女王様になれるそうだから.(笑)

著者の上昌広氏

東大病院にみる悪質さ

このような医師と製薬会社のズブズブの関係は他にもあります。
←おいおいおい?
あなたとずぶずぶずぶずぶずぶずぶの南相馬立谷市長とか東電とか大丈夫なの????
南相馬市ってそういえば,原発ある所の超近くじゃなかったっけ???
んんんんん?????????
そんなところの市長とあなたがずぶずぶで,あなたと東電がずぶずぶ????
とするとずぶずぶずぶずぶで芋づる式にずぶずぶってこと????

2014年に入ってから明らかになったもののなかで有名なのは、やはりノバルティスファーマ社が裏で糸をひいていた「東大病院血液・腫瘍内科事件」ではないでしょうか。

東京大学医学部附属病院血液・腫瘍内科(黒川峰夫)教授を中心に二二の病院で構成する臨床研究グループ(TCC)がおこなった医師主導臨床試験「SIGN研究」において、ノバルティスファーマ社のMR(医薬情報担当者)が、実施計画書や患者同意書の作成に不適切に関与していたのです。

SIGN研究は、慢性骨髄性白血病の治療薬グリベックの副作用を評価する「医師主導臨床研究」ということですが、これも案の定、グリベックを販売するノバルティスファーマ社が仕切っていたのです。

事実、この臨床研究に用いられた「実施計画書」「説明文書」「患者同意書」などの資料というのは、全てのファイルのプロパティーに「会社Novartis」と示されていました。

さらに、2013年10月に開催された日本血液学会学術集会で用いられたパワーポイントファイルのプロパティーにも、ノバルティスファーマ社の東大病院担当者の名前が記されていたほか、TCCの資料自体にも同社のクレジットが入っていました。

この背景には、研究責任者である黒川教授が、同社のアドバイザーを務めていること、そして同社から奨学寄付金を受け取っていることがありますが、この研究において患者側に提供された「説明文書」には、そのような事実は伏せられています。
←そういえばあなた,コクガンのマッキーを研究費不正で告発したらしいけど,そのときマッキーが研究費で女(吉野ゆりえとのうわさあり)に冷蔵庫買った証拠入手するためにその女を自分とこの研究員として雇用していたって本当?そんなこと当時マスコミやコクガンや警察にちゃんと言ったのかしら???あなたねえ...そこまでやるなんて本当ならすごいわねえ.コクガン首になったからってよくもそこまで根に持てるもんだ.オソレイリタテマツリソウロウ.くわばらくわばら.さわらぬかみにたたりなし.

先ほどのバルサルタン事件と同様の構造がありますが、こちらのほうが悪質さでは計り知れません。なぜかといえば、医師が製薬企業と結託して患者を騙し、その見返りとして金銭を受け取ったという見方もできるからです。←そういう告発しながら自分がきれいではないという詐欺師はてめーだろ!!

3 thoughts on “【歌舞伎町の女王】仲田洋美vs【偽善の帝王】上昌広⑩ 反論

  1. 本当なら上昌広さんだけじゃなく吉野ゆりえさんもかなりの悪女ですね。上さんは研究室の仲間達とマスコミを煽動しマッキーをいじめたんですから。上さんは自分の仲間を持ち上げる一方でターゲットを徹底的にこきおろし追い込んでいくのです。

    ~~~~~~~~~
    肉腫(サルコーマ)の病理診断に関するミーティング♪
    http://ameblo.jp/yurieyoshino/entry-11473119570.html
    今日は、昨年肉腫専門診療施設「サルコーマセンター」を院内に作っていただいたがん研有明病院理事の土屋了介先生と、九州大学大学院で肉腫の病理診断を学んでいる石井武彰先生、ウチの研究室の教授と私とで、会食をしながら肉腫の病理診断に関するミーティングをしました!

    肉腫患者さんのためになる具体的なアイディアがいろいろと出て、とても楽しみです(*^_^*)
    できることからコツコツとがんばります!
    ~~~~~~~~~

    癌に冒されながら医療改革に奔走した元ミス日本
    数々の功績を残し、吉野ゆりえさん逝く
    2016.8.8(月) 上 昌広
    https://archive.is/J2Ttm#selection-285.0-309.5

    (中略)

    私が、吉野さんと初めてお会いしたのは、2009年3月の国立がんセンター(現国立がん研究センター)中央病院での講演会だった。名刺交換をして、軽く挨拶を交わして別れた。このとき、まさか7年にわたり、一緒に活動するとは予想しなかった。

    ずば抜けた行動力の持ち主

     吉野さんの行動は迅速だった。翌10日には、面談を希望するメールが来た。そして、15日に私の研究室でお会いすることとなった。
     彼女とじっくりと話し、ずば抜けた行動力があることが分かった。彼女の相談に乗り、こちらが対応策を提案すると、必ず「是非、お願いします。やらせてください」と返事が返ってきた。そして、「協力してくれそうな人は誰でもいいので紹介してください」と頼まれた。
     大学時代に在籍した剣道部の先輩に国松孝次氏(元警察庁長官)がいる。彼は、「覚悟のない連中が何人集まっても、物事は進まない。たった1人でいい。本気でやる人がいれば、ことは半ばなったようなものだ」と繰り返し教えてくれた。
     吉野さんは「本気」だった。私は、本気で「サルコーマセンター」を立ち上げようとする医師がいるとは思えなかったが、「吉野さんならやり遂げるかもしれない」と感じた。
     私は数人の知人を紹介した。最初は、土屋了介・国立がんセンター中央病院院長(現神奈川県病院機構理事長)だった。
     土屋氏は有名なので、改めてご説明する必要もないだろう。私は、2001~2005年に国立がんセンター中央病院に在籍した。それ以来、ご指導頂いている。

    土屋氏は、吉野さんと会ったその場で、「サルコーマセンターを作りましょう。すぐに看板を作らせます。スタッフに共通のPHSを持たせて情報共有させましょう」と言った。これが、2009年9月の同院での「サルコーマ専用診療グループの立ち上げ」につながる。

     8月2日の吉野さんのお通夜に土屋氏は参列し、弔辞の中で、この時の様子を紹介していた。
     土屋氏の提案は、実によく練られている。この方法なら追加コストはかからない。院内での責任が明確化される。病院のホームページにも掲載されるので、患者は誰に相談すればいいか分かる。
     医師にとってもやりやすい。院長肝煎りのプロジェクトのため、院内の調整がしやすいからだ。

    官僚機構を動かしサルコーマセンター設立

     ただ、国立がんセンターは、厚労省直轄の典型的な官僚機構だ。この手の話はボトムアップでは進まない。予算確保や規則の改正に手間取るからだ。土屋氏も「正規のルートで厚労省と調整していると、時間がかかりすぎるし、おそらく上手くいかない」と言う。
     これは、厚労官僚や事務方、医師が怠慢というわけではない。官僚機構とは、そういうものだ。土屋氏は、患者の要望を受けた形で既成事実を作り、官僚機構を動かした。
     土屋氏は、当時から「大物院長」として有名だった。彼でなければ、この仕切りはできなかった。
     当時、国立がんセンターは「がん難民を大量に生み出している」と批判されていた。患者視点に立った医療を提供し、ひいては病院の競争力をつけたい土屋氏にとって、吉野さんの存在は好都合だった。
     土屋氏は2010年4月に国立がんセンターを退官する。当時の民主党政権下で国立がんセンターは独法化される。新理事長には山形大学から嘉山孝正氏が招聘され、組織改革が行われる。当時の民主党政権に嘉山氏を推薦したのは土屋氏だった。
     その後、土屋氏はがん研有明病院の顧問(後に理事)に就任する。がん研は2012年7月に「サルコーマセンター」を立ち上げる。このときも吉野さんとの「共同作業」だ。

    かくのごとく、「サルコーマセンター」立ち上げは極めて属人的だった。優秀な病院経営者と腹の据わった患者の二人三脚だった。

     では、なぜ、吉野さんには、このような動きができたのだろうか。それは、彼女には「胆力」に加え、「知性」と「スキル」があったからだ。
     彼女は仲間を作るのが上手かった。誰の懐にも飛び込むことができた。例えば、吉野さんと活動を始めた後の2010年3月18日に毎日新聞医療科学部の河内敏康記者を紹介した。
     河内氏は2009年の高額療養費問題、2013年の降圧剤臨床研究不正をスクープした敏腕記者だ。誠実な人柄で、私は信頼している。
     河内記者は、吉野さんと面談し、彼女の活動の意義を理解したようだ。2010年4月21日に「医療ナビ:肉腫(サルコーマ)骨や筋肉などにできるがん」という解説記事を書いてくれた。

    周囲の人を巻き込む強力な磁力

     吉野さんと河内記者の付き合いは、その後も続く。7月31日に毎日新聞に「訃報 吉野ゆりえさん48歳=元プロ競技ダンサー」という記事が掲載されたが、これを書いたのは河内記者だ。河内記者は、8月2日に都内で開かれた通夜にも参列した。
     JBpressを創業した川嶋諭氏も、吉野さんに協力した1人だ。川嶋氏に吉野さんのことを紹介したところ、彼女の活動の意義に賛同してくれた。2012年12月26日に『元ミス日本、ガンとの壮絶すぎる闘い』というインタビュー記事を配信してくれた。
     さらに、彼女に寄稿欄を提供してくれた。亡くなるまでに5報の文章を寄稿し、吉野さんの主たる発信の舞台となった。
     吉野さんに引き込まれていったのは、河内記者や川嶋編集長だけでない。何を隠そう、私も、その1人だ。
     吉野さんとの共同作業は進み、2012年8月には、当時在籍していた東大医科研の私どもの研究室の一員として、松井彰彦・東大経済学研究科教授が主導する「社会的障害の経済理論・実証研究」に参加することとなった。4月に研究室が独立した際にも、ついてきてくれた。亡くなるまで、私どもの研究室の一員であった。

    1. そうなんですか.いままで上先生にこうして噛みつく人がいなかったらしく.
      わたし,大変注目を集めているようです(笑)
      わたしのスタンスは変わらず,別に相手が上先生であっても高久先生であっても安倍総理であっても
      いいものはいい,悪いものは悪い,おかしいものはおかしい,とはっきり言います.
      群れを嫌い 権威を嫌い 専門医のライセンスだけがわたしの武器
      ドクターXに勝手にまねされました!(笑)
      わたしのほうが断然ドクターXより古いですよ!
      医師歴22年ですからね! www
      ちなみに,高知医科大学医学部医学科時代の1年生の時の私を
      先輩たちは,「麗子ちゃん」と呼んでいました.
      当時,ドラマで松雪さんがやってた白鳥麗子というドラマの主人公のモデルが
      洋美ちゃんに違いない!と言われていたのです.
      お嬢ではありませんが!!
      むかしからタカピーで天然なんですよ(笑)こういうキャラなのね.生まれたときから.
      仕方ないでしょ?GNAS遺伝子欠けるとこうなるんです!! (キリッ
      と最近では開き直るので,誰も突っ込めないという利点もあります(笑)

      上先生は専門医の一枚も取れずに,専門医制度を批判し潰そうとしてますねえ.
      あんな男と組んで,日本医師会もひどいですねえ...
      http://www.minerva-clinic.jp/blog/%E6%AD%8C%E8%88%9E%E4%BC%8E%E7%94%BA%E3%81%AE%E5%A5%B3%E7%8E%8B%EF%BD%96%EF%BD%93%E3%80%90%E5%81%BD%E5%96%84%E3%81%AE%E5%B8%9D%E7%8E%8B%E2%93%BA%E3%80%91%E4%B8%8A%E6%98%8C%E5%BA%83%E3%80%90%E9%AB%98/

  2. 連騰すみません。このような研究報告をみつけてしまいました。研究チームの中に吉野氏と上さんもいて、患者の医療費に関する研究をしていたようです。『マッキーが研究費で女(吉野ゆりえとのうわさあり)に冷蔵庫を買った』のが事実ならば、使用していたのは当然吉野氏ですねよね。。上さんと東大の先生にしかできない研究だと思いました。

    ~~~~~~~
    医療費アンケート中間報告
    http://www.pt-spt.umin.jp/201211.pdf

    2012.11.
    東京大学医科学研究所 先端医療社会コミュニケーションシステム部門
    児玉有子

    「医療費に関する経済的および精神的負担に関する調査」
    •実施概要
    –WEBアンケートを原則とした無記名自記式質問紙調査
    –対象;高額な医療費をお支払いの方々
    •対象者リクルート –疾患は限定しない
    –患者会が紹介されている本に掲載されていた患者会のうち、本調査に該当しそ うな患者団体約250の団体とこれまでの調査や活動を通じてつながりのある患 者会約50団体、および個人へ調査への協力の依頼
    –Facebook等のSNSを利用した広報
    –実施期間 2012年9月27~10月31日
    –研究チーム;児玉有子(看護師)、吉内一成(心療内科医・緩和ケア)、 上 昌広(医師)、吉野ゆりえ(がん患者)

    平成24年度科研費基盤研究(S)「社会的障害の経済理論・実証研究(REASE)」 (研究代表者:松井彰彦(東大経済学部))の一部です。
    ~~~~~~~

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です