【問題提起】2017年日本遺伝カウンセリング学会での聖マリのトンデモ発表について【こんなのありか(◎_◎;)】

みなさま,おはようございます.
ちょっとこの発表みてください.

聖マリアンナ医科大学

 

 

Attachments_2017_05_13

これ.すごくないですか???

昨日は,朝から頭がくらくらしておりました (/_;)/~~
それもあれもどれもこれも日本遺伝カウンセリング学会のせいなのです 。゜ヽ(゜`Д´゜)ノ゜。
 
セイマの発表O-59.
 
昨年7月から,産科婦人科外来にきた【全員】に無差別に家族性腫瘍に関する問診票を【お渡し】して
開始後5か月で1000例集まった中から,1割の家族性がんの可能性があると示唆されたと発表しています.
 
おいおいおい????
 
これ.倫理委員会どうやって通ったのかな???
だって,産科婦人科に来た全員だから,妊婦も含ま れるんですよ???
 
妊婦に対していきなりがんの家系図かけるような問診をとることが,倫理的に問題がないとして
倫理委員会を通る??????????
 
ありえないですねえ....
 
通したんだったらセイマの倫理委員会の問題になる.
通ってないのだったら研究発表者たちの責任になる.
 
これに外科,小児科,産婦人科,皮膚科が入っています.
 
どうしてこの研究が普通に行われる?????????????????????
 
そして何より遺伝カウンセリング学会の演題としてなぜこれが当然のように認められるのか??????????
 
うーん..いっ たいどういうセンスをしているのか?
内科学会はとっくの昔に,どの倫理指針に従っているのかいないのか,倫理委員会を通っているのかその必要がないのかなどを
前置きしないと発表できないようになっています.
地方会も.
 
内科学会地方会に出せないような演題がなぜ弱小と言えど,広告可能な専門医である遺伝専門医を養成している
学会の一つである遺伝カウンセリング学会で通る??
 
あたまがくらくらして死にそうです....(/_;)/~~
 
この上は,日本医学会連合で,学会発表並びに論文にはどの指針に準拠して,倫理委員会の通過の有無などを記載しないと
受け付けられないようにガイドラインを作成していた だきたくぞんじます.
 
まいにちこんな景色ばかり見て

卒倒しそうです (/_;)/~~

幼稚園児専門医の私のお守り係の方々に,倒れそうよ(゚o゚;; と報告しつつ

さすがに倫理委員会通ってないよね???とおもって
一応セイマに問い合わせをしたところ.

発表者の認定遺伝カウンセラーCGCは長期の休み,2番目の人は休み,ということで,遺伝診療部の臨床遺伝専門医の右田圭介先生が電話に出てこう答えました.
①倫理委員会には通っていると思うが確認していない(うましかめっ!!)
②産婦人科の全症例に対して無差別に行っている(おっどろいたなっ!!!)
③前向きの研究ではなくてある程度拾い上げからやるということでやっている
④これは全然前向きな調査ではない(前向きだっ(*`Д´)ノ!!!
⑤診療の一環として問診票を配ったという計画である

これに対してわたしは
問診票を初診患者に無差別に配って,家族性腫瘍の家系を抽出するのはアンケート調査であり,「通常の診療」を超える「侵襲」にあたり,介入である.
問診票を渡す行為そのものは時系列で未来に向かって行う前向きであり,調査するときにカルテをさかのぼって行うからと言ってそれは後方視的(時系列を過去に向かって行う研究をいいます)ではない.
アンケートは介入ではない,これは後ろむきだから問題ないって
あなたいったいどういうセンスしてるんだ?本当に遺伝専門医か (*`Д´)ノ!!!
倫理委員会通ってるんだったら番号を示せ.
と激怒.
なんでこんな知識しかなくて,臨床遺伝専門医試験に通るのかなあ????
同じ専門医としてチョー恥ずかしい.
というか,フツーこんなの倫理委員会通らないでしょ??????
一応大学ですよ.セイマも.......


ところが!!!
にゃにゃにゃーんと!!!!
数時間待ってセイマから 「倫理委員会通ってるよ」とどや顔で大学院研究推進課から報告が!!!

il||li _| ̄|○ il||l

もはやまったく全然話にならん...

 

このセイマの研究発表は,産婦人科の鈴木直教授が研究責任者で
乳腺外科,小児科も教授が共同研究者になっています.
 
皮膚科は教授ではないそうです.
 
 
何が問題なのか???と大学院研究推進課の人に聞かれて
あきれました.
 
 
何が問題なのかもわからないということですよね...
 
最初はSさんの上司のTさんが電話応対してくれたのに
倫理委員会通ってるよ,とどや顔で言うだけだと思ったので,部下のSさんが電話を掛けてきたのでしょう.
あっさりばっさりわたしに切ら れました.
 
何が問題か.
 
まずは全例無差別かつ強制的に家族性腫瘍に関する家系図が取れるくらいの問診をしているという点です.
来た症例の全例が何例,そのなかでアンケートを手に取り答えた症例が何例,と回答率があるなら自主的に臨床研究に
参加したのだと思えるけど,これはまったくそうじゃない.
強制しているということでしょう.だからアンケート調査なのに回収率がない.
 
妊娠初期でそんなこと全く考えずセイマにきて
いきなりそんな問診票かかされて,そういえばおじいちゃんもおばあちゃんもがんだった,がん家系に違いない
小林麻央ちゃんのこともあるし,あんな風になったらいやだわ.怖いわ...やっぱ産むのやめた と
何も言わずにいきなり中絶クリニックに行った症 例がないと言い切れますか?
 
来た人全例にこんなこと強制的にやらせるとはそういうことですよ?
倫理的に大問題です.
そもそも初診で問診書く時なんて,一番医師患者関係が希薄で,それを書かないと診療してもらえないと思い込む.
そのような形(脅迫的)でアンケート調査を,しかも【妊婦に】することが倫理的に問題がないと思えるような大学だから
問題ばかり起こすのである.
昨年も,精神科で臨床研究で問題を起こしたばかりではないか?
その前は精神科で指定医の申請に係る不正でずいぶんと問題になった.
昨今,問題になるのはセイマばかり.
倫理委員会がこれではどうしようもない.
恥を知れ.
 
と言って おきました.

そもそも,これ,被験者が自由に参加するしないを決定できず全員にやっている時点で
被験者の権利が全く保護されていない,ヘルシンキ宣言違反では?

 
鈴木先生が捕まらないので,実際に本当に全例にやったのかとかわからないし
番号がないとプロトコルも出せないのでさっぱりわからないとのこと.
 
結果については後日報告してくれる,とのことでしたが
全例にやっていないのだとすると,産科婦人科の新患全員が対象とする虚偽の報告を
学会に対して行ったことになりそれはそれで問題.
 
いずれにしても問題にしかならないのであるから
この際,厚生労働省から事情聴取を受けたほうがいいのではないか
なぜこれ以上の報告をわたしにしようとするのか,
わたしは倫理委員会を通っていたという驚愕の事実がわかっただけでもう十分だ,という と
 
昨今,問題を起こしたばかりであるので厚生労働省は本当に怖いから,わたしのほうがいい,ということでした(笑)
 
ん?
 
そーなのかなあ????
 
厚生労働省様.
わたしまだ,もしかしてなにかまだまだ全然修行が足りませんでしたかね????
 
いやー.
しかし....
さすがにこれ,倫理委員会通らないよね??と思ってたけど.
さすがセイマ.通してたのね ((((;゜Д゜)))))))
 
通っていない発表をした,のほうがまだましだったのだと私は思います.
でも.セイマなら通ってるけど何か問題?っていうんじゃないかとなんか嫌な予感がした.
 
やっぱ通してたのね (◎_◎;)
しかも通ってればいいやと思ったのね(◎_◎;)
 
さすが日本人.
赤信号みんなで渡ってはねられる.....
 
い ったいセイマの倫理委員会はどうなってるんだ 。゜ヽ(゜`Д´゜)ノ゜。
 
あ~あ......今日も怖いものをいっぱい見ました (◎_◎;)
 
心臓に悪いです.
 
この上は,問題を起こしたら大学自体に点数をつけて
違反切符を出して
1年以内に問題を起こしたら加算されるようにして
何点かあつまったら免停(基本的領域の学会の施設認定資格を一気に全部一時停止.これ.全科に影響します.連帯責任!)
とか,考えたほうがいいかもしれませんね.....
 
まったくペナルティーがないから緊張感もないわけで.
 

うましかすぎる.......

そして,遺伝カウンセリング学会.
こんな演題通すな (*`Д´)ノ!!!

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です